脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
妊娠までの道のり。不妊鍼灸を行う上で一番重要なことは、卵質であると考えております。

何度も移植しているにも関らず着床しなかった患者さまが鍼灸を始めてから採卵した卵子によって妊娠されたという経験をするたびに、そう感じます。

なかなか着床しない・・・そんなご経験はございますか?


移植までの治療について、そあら鍼灸院では以下のように考えております。


①一番重要なことは、身体をつくり、良質の卵を得ること

卵の質を向上させることが一番結果に結び付くと考えているのでこのステージの

重要度は高いと考えます。


②次のステージとして、移植のために子宮環境や内膜を整えておくこと。



③最後のステージの治療として、移植直前の治療を推奨しております。



すでに受精卵がある場合は、②以降の対応となります。

③だけの鍼灸治療では①②を経た場合と比べ難しくなります。

質のよい卵が得られることはそれだけ重要であり、そのためには①のステージ

が大事になると考えます。
 

このような感想をいただきました
良質の卵を得る 
卵の質が結果を左右すると考えているので一番重要なステージです 
 卵胞の成長を考えた不妊鍼灸

卵胞は、始めは原始卵胞という状態ですが、排卵に至るまでに、 

原始卵胞→1次卵胞→2次卵胞→→前胞状卵胞→→胞状卵胞→→排卵前の成熟した卵胞

という過程を200日ほどかけ排卵します。

 

原始卵胞は眠っている状態です。

排卵の周期に、その中の一部が眠りから起こされ(選択され)発育していきます。

ここまではホルモンに依存しません。ホルモンの影響は受けないのです。

 

前胞状卵胞まで発育すると、ホルモンの影響を受け発育します。

(ちなみにこの前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモン(抗ミュラー管ホルモン)を測ることにより卵胞の数を推測します。)

そして月経期の時点で、十数個の胞状卵胞が排卵する候補として残っています。

その候補の胞状卵胞達が、FSHの影響で最終的に1つに選ばれ、成熟卵胞となり排卵します。

選ばれなかった他の卵胞は閉鎖します。

原始卵胞から排卵まではこのような流れになります。

「卵胞が成長し、卵子を排卵すると体温が上昇します。

やがて体温が下降すれば月経になります。

多くの女性は、この月経周期が28~30日、体温の上昇期間(高温期)が14~15日あるように自然に調整されています。

通常、この月経周期が乱れることはありませんが、一度乱れるとなかなか元に戻らず、正常な卵子が育たなくなってしまいます。

 なぜなら、月経周期は独立したものではなく、ある周期の卵子はその前の周期、さらにはその前の周期の影響を受けて発育するからです。

逆に言えば、ある周期の月経が乱れると、その次の周期、そして次の次の周期と連鎖的に影響して、卵子の発育を悪くしてしまうのです。

このように月経周期が乱れると、卵子の成長・排卵・黄体化は正常に進まなくなります。

 つまり、月経周期は毎周期ごとに区切りがあるのではなく、卵胞の成長→排卵→黄体化→卵胞の成長→排卵→黄体化→卵胞の成長・・・と、常に連続した周期であり、周期の中のあるステップの異常は、そのあとのいくつものステップに影響して、卵子を良い状態で排卵できなくしてしまうのです。

女性の月経周期は歯車が正確にかみ合うようなメカニズムで、非常に複雑かつデリケートな調整を受けているのです。」

『不妊治療はつらくない』主婦の友 より抜粋
鍼灸治療は、採卵周期はもちろん重要ですが、

何度も採卵されており、卵が採れない方の場合、

その前の原始卵胞が起きる期間から、

よい周期を迎えしっかりと身体を整えておくことが、

質の良い卵を取るために重要だと考えます。



なかなか卵が採れなかった方が週一回のペースで来ていただくと、

半年~1年(中にはもっとかかった例もあります)ほどでよい卵が採れたケース

が多かったと経験的に感じているためです。
 
 
 
 身体づくりを行い、卵胞が成長していく期間治療を行っていきます。

3~4ヵ月くらいで治療をストップしてしまうと、

この成長期間の途中で身体づくりを止めてしまうことになり、

とてももったいないことになってしまいます。

この期間の効果が出始める半年~8ヵ月は続けての治療をお勧めしております。
 
 
 早ければ2~4ヵ月で妊娠されます。

比較的卵巣の機能の悪さが軽度、もしくは卵子以外の問題が原因の場合は、

数か月で妊娠される事も多いです。
 
 
 しかし治療に時間がかかるパターンがあります。

それは1年以上時間を要することもあります。

この場合は卵子の質の問題の事が多いです。

・高齢でホルモン値が悪い、月経周期が乱れている
・今まで高度生殖医療を長く行ってきた
・今までに8ヵ月以上継続して鍼灸治療を行った


このような場合が妊娠されるまでに8ヵ月以上期間を要するパターンだと感じて

います。
 
この要件に当てはまったとしても、当院で治療を開始して半年以内で妊娠さ

れる方もおりますが、それは人それぞれお身体の状態は違うものです。

どれくらい時間がかかるのかは、一度拝見して診ないと分かりません。

初診の時にじっくり時間をお取りし、この辺りのことや今後の治療の事をお

話させて頂きたいと思います。
着床に関して 
邪魔になるほどの筋腫やポリープもなく、黄体ホルモンの分泌の不良もない。

水腫があったり内膜の厚さが不充分(厚さに関してはさほど関係のないという

意見もあります)というような所見もない。

しかし何度も移植してもなかなか着床しない。
 
着床に関してお悩みの方も多くおられます。


ではなぜ着床しないのでしょうか。

着床に関してはよく分かっていないブラックボックスな部分も多いものです。





着床には「胚の状態」と「子宮の環境」が関係するので、

良いと思われる胚を何度戻しても、着床しない場合、子宮の環境側の問題かも

しれないということから着床障害との考えがあります。

ただ、移植後の胚がどうなったかまでは調べようがないため、胚の問題か子宮

の問題かは正確にはわかりません。



したがって良い胚を何度戻しても着床しない場合、

それが全て着床障害だというわけではないと思います。



もし着床障害だと疑われる中にも、

実は胚が問題である場合も多くあると考えます。



ではどのように治療を考えるのか。

 
 
東洋医学的な観点からの治療

来院される方で特に多いのが冷え。

当院に来院される患者様がどのような身体の状態か考えてみると、

共通するのはやはり体が冷えているということなんです。

鍼灸をすることで血流を改善することにより、

妊娠しやすい身体に近づけます。


なぜならば、ホルモンは血液と一緒に流れ卵巣へと到達します。

頭から排卵しなさいと命令を出すホルモンや、お薬、また卵胞を育てるための

注射など血液と一緒に卵巣へ届いて始めて効果が発揮されるのです。

それだけ冷えを改善することは重要なことだと思います。

ここでそあら鍼灸院が本当に取り組むべきだと考えていることは、

ただ身体を温めることではなく、何故冷えているのかを東洋医学的病理をしっ

かり考えるということです。



当院の中でも、最も多い陽虚といわれる冷えのある方の場合を例にとります。
 「※陽虚証
陽気が不足した状態。身体を暖める作用の陽気が不足しているので冷え症状が特徴。
肌肉が硬くなり暖かみを好むようになる。
陽虚証には陽気(肺気・衛気・営気)不足と、血そのものの不足による二種類の発生機序がある。
                用語集 漢方鍼医会学術委員会編 より」
  
 冷えにも数種類あります。

当院に来院される患者様の冷えの種類は、

東洋医学的には下記のように解釈します。
 
 何故冷えているのか考えると、陽虚証の中でも多いと思うのが、
肝虚証虚証:腎の津液と命門の陽気が虚し、肝の貯えている血も無くなり冷え症状を現しているもの。
他には、
腎虚陽虚証:肺気の循環が悪くなり腎の津液も命門の陽気も少なくなり冷え症状を現している。などです。
このような陽虚という冷え症状が強い方には(陰性の体の状態)、

たくさん鍼を刺してしまうと陽気という温かい気が飛んでいってしまうので、丁寧な優しい鍼が適しています。
 
 

冷え症が循環が悪いためなのか、または温めるもの(血)自体が少ないから冷

えているのかなどの原因の違いで、治療法(使うツボ)も異なります。


外から温めることは重要ですが、身体に現れる脈やお腹の状態を確かめ「なぜ

冷えているのか」をとらえ、治療することが妊娠しやすい良いお腹につながる

と考えます。
 
 
 冷え病症以外では血の滞りで瘀血(おけつ)と解釈できるものもあります。

硬いお腹が特徴的です。
この場合は少し鍼を刺すなど血を動かすように治療方法を考えます。 
 
 
 また不妊とは少し話が変わりますが、

何度も流産を繰り返してしまう不育の方の中には(しかも特に、西洋医学的に不育の原因

が突き止められない場合)、

肝虚陽虚で治療することが多く、この証が絡んでいることが多い様に感じています。

どこで・何が・なぜ・どうなってそのような状態・症状になっているのかを考えて治療す

ることが重要です。
 
 
そあら鍼灸院の妊娠しやすい身体づくりのための不妊鍼灸治療とは、

血流を物理的に良くするということではなく、

東洋医学的に現在の身体の状態(例えば冷えで不妊症など)はなぜ起きている

のかを考え、適切な鍼をすることであると考えています。



本当に軽い鍼でもなぜ効くのかは、このように身体の病理状態をしっかり把握

して、脈を確認しながら治療を行うからです。



そのためには望診(視診)や脈・お腹などを通して判断して鍼灸を行います。


初診時には、鍼灸治療の前にお話をうかがう時間を設けております。

それだけでは足りませんので治療中もおうかがいさせていただいております。

まずはあなたのお話をお聞かせ下さい。

  
移植のために子宮環境や内膜を整える 
胚を凍結までしてある場合、当院でお手伝いさせて頂いていることは、

着床に向けての身体づくりです。

フクフカの良い内膜に胚を戻せる準備を行います





受精卵と子宮内膜とのやりとりがうまくいかない場合には、

なかなか着床しないと言うことが考えられています(例えば受精卵と子宮内膜

とのやりとりを円滑にするため、病院によってはSEET法という移植前に培養液

を子宮に入れる方法などが行われることもあります)。




内膜の状態がよくない場合は当然移植が見送られることもあるため、

卵や胚の質だけでなく、子宮の状態も重要です。 





また移植時の状態として、黄体ホルモン(P4)がしっかりと出ていることも重要です。低いために移植がキャンセルになることもあります。
黄体ホルモンが十分出るためには、いい卵胞が育っていなくてはなりません。
そのためには低温期から身体づくりをしておいた方が有利です。

質の良い卵を得る①のステージのあとに鍼治療で行っていくのが、

着床のための子宮環境の改善の治療です。

 

それは厚さや形状を改善し(厚さなどは測定してわかりますが、質はやはり明

確に調べることはできません)フカフカな内膜で着床しやすい環境を整えるた

め、移植が決定した時点からの治療をおすすめしております。


検査上異常が見当たらないとしても、
足や体が冷えていて、お腹が平べったく、力のない弾力さのない弱いような状

態だと、着床してもいい結果とならない場合が多い印象です。



検査でなにも問題が無いとしても、身体がこのような状態である場合、着床の準備ができていないと思えることがあります。  

 
移植直前の治療

移植の治療は、最後の念押しとして着床日に合わせた鍼灸治療をおすすめして

おります。

更にそあら鍼灸院では、胚盤胞移植の方には、

可能であれば
移植直前の鍼灸治療をお勧めしております。

少しでもお迎えの前の段階で良い状態で移植して頂ければとの思いからです。

(もちろんそれまでの①②の治療の方が大事です。移植日だけ治療をしても魔

法ではないため体ができていなければ、最大の治療効果は発揮されません。経

験的に、身体ができている方が流産率も下がります。

 

妊娠後のことも考えると、前もって身体づくりをして準備しておくことが重要 

です。)
 
 

-------------------------------------------------------------------------

フカフカベッドの理論

 

よく内膜はベッドに例えられ、「フカフカのベッドが理想」と言われます。

 

移植の時は内膜の厚さを測ります。同時にフカフカの状態を検査することができればいいのですが、一般的にそのような方法はありません。

 

今まで診させて頂いたお腹を考えると、ふっくらして弾力があるお腹が妊娠しやすいです。検査法はなくとも、腹診でこのようなお腹になっていれば、フカフカのベッドだといえます

 

 

―良いベッド(妊娠しやすいお身体)になるために―

   まずはベッドフレームづくりです(参照ステップ1)。生命力が高い状態はフレームも良い状態です。
良い卵子を得る準備は、移植の準備にもつながります。

※移植日に黄体から出る黄体ホルモン(P4、プロゲステロン)を測る病院があります。一定以上出ていないと、移植中止になります。

黄体ホルモンは黄体から出ますが、低温期育つ卵胞が排卵した後、黄体へ変化します。

移植日に十分P4が出ているためには、低温期に良い卵胞が育つ必要があります。

そのためにフレームづくりから治療をすると、着床に対しても効果的です。

   次にベッドのマットレスをフカフカにする(参照ステップ2)。

せんべい布団や、湿気を含んだ布団ではうまくいく確率が下がります。天日干しされた気持ちいい布団がベストです。せんべい布団と干された布団では触り心地が全く違います。干された布団は触り心地も気持ちいいものです。

これはお腹も同じです。脈も同じです。

このようなお腹や脈になっていれば、天日干しされた気持ちのいいフカフカしたマットレスというわけです。

   最後にピシッとシーツを掛けます(参照ステップ3)。

移植直前の鍼灸は最後の確認です。

先に人が寝転がってしまっては、最後のシーツが掛けられません。

  あくまで直前をお勧めしているのは、寝転がってしまう前に、シーツを掛けてしっかりと最後の確認をしたいからです。

 ------------------------------------------------------------------------- 

 
 
 今までは移植が終わってから(夕方)治療を行っておりました。

場所柄、移植を行う直前に鍼をする機会に恵まれ、移植直前(移植の数時間前)

に鍼灸治療を行う機会も相当数増えておりました。


そこで今までのカルテを引っ張り出して、

移植直前と移植直後との着床率の結果を比較してみたところ、

直前で行ったほうが10%程高く(2012年時点)、結果が良いため、

ご都合がつく方は直前での治療をお勧めしております。
 

 

このステージの治療では、

患者様の体質や現在の状況をみて「着床の置鍼」をすることがあります。
  

 

 ②のステージはクリアした方へ、最後のステップとしていつが移植の鍼灸

をするのに一番最適な時期なのだろうか・・・

その上でお勧めしているのが移植直前の鍼灸治療です。
 
 

まとめ

   一番重要なのは、卵質、受精卵の質(参照ステップ1

卵の質が、妊娠に結びつく一番大きな要素です。

不妊鍼灸での目的は、質のいい卵を得るために、質のいい卵が排卵される身体づくりをすること。

良い卵胞が育つことは、良い黄体ができプロゲステロンが十分出ることでもある。

ベッドフレーム(土台)に当たります。

 

   その次に子宮の状態(参照「フカフカのベッド理論」、ステップ2

ベッドのマットレスに当たります。

 

   最後に移植直前の鍼灸治療をお勧めしております(参照ステップ3

移植直前の治療は、ベッド人がやってくる前に、きっちりシーツを整えるイメージです。

ベッドのマットレス、及びシーツに当たります。
 

陽性が出ましたら流産防止の治療を継続して行います。

妊娠初期の治療は以下の症状に対しての治療を行います。

  ストレスを緩和して血液の循環を良くし、流産のリスクを減らす

  出血に対しての治療

  不育症に対しての治療

  つわりや妊娠初期の諸症状に対しての治療

  東洋医学的に流産しやすい状態に対しての身体づくり

 

12週頃に仮の卒業は設定してはいますが、私たちの目標は元気に赤ちゃんが生まれてくることです。

その後は「出産前までの継続治療」として安胎の治療を行います。

卒業後は、妊娠中のケアのために3週~4週に一度くらいのペースで通われる患者様も多くおられます。

また週数に応じて安産灸なども取り入れております。

そしてお母さんと赤ちゃんの健やかな妊娠生活を送っていただきご出産に臨んでいただければと思います。
 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
 都内の鍼灸 不妊新宿鍼灸院
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.