脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印不妊鍼灸Q&A
Q&A 
 

Q:感染症などの危険はありますか?
A
:ディスポーザブルの使い捨て鍼を使用しておりますので
感染の危険はありません。

 

ディスポの銀鍼

このような感想をいただきました
 
 Q:初めてで不安です。鍼は痛くないですか?
A
:始めて鍼を受けた方に伺うと、
思ったより痛くないとおっしゃる方が多数です。 

痛みに対する感受性は人それぞれで、全く痛くない方もいれば、
非常に敏感な方もおります。

 
・必要があるだけしか刺しませんので浅い鍼がほとんどです。

また接触するだけの鍼も行います。不安を取り除きながら行い、
無理な施術は行いません。

 ・0.12mm~0.24mmの髪の毛ほどの細い鍼を使用しますので痛みはあまり感じません。

 

鍼灸のハリと注射針    毫鍼(ごうしん)
 左の画像の、上が注射針で下が鍼灸の鍼です 
 
 Q:お灸は熱くないですか?
A
:米粒の半分程度の大きさのお灸をします。
何も感じない、ポワッとくる、ピリッとくる程度です。
「熱さを我慢しながら耐える」というようなお灸は行いません。

 温かく感じる程度で充分効果がありますので、
心地良い程度のお灸を行っています。
 
 
  透熱灸とお米の比較
お灸の大きさ      お米との比較


知熱灸といって、指頭大くらいの、温かさを感じたら取るお灸をすることもあります。
 
 
知熱灸
 
より早く改善するように、
知熱灸や、家で手軽にできる市販のお灸を、
可能な方にはご自宅でお願いしております。

使い方はご指導いたします。

場所は毎回治療時に、点を付けておりますのでご安心ください。
 
 Q:鍼はどこにしますか?

A:ツボは全身にありますが、メインに使うところは足や手、背中などです。

 あなたの体質、その日の状態に合わせツボを選んでいきますので

 その時により使用するツボは変わります。


 
Q:通院の頻度は? 
A
:概ね週一度程度の治療が目安となります。

 しかし年齢や病院での治療内容により患者様お一人お一人により異なります。

 身体が整ってくるまで、採卵する周期の採卵までは間隔を詰めて頂くと効果的 です。

 お腹の状態がよくなったらある程度日を空けても大丈夫です。
 
 詳しくは施術の際にお尋ねください。
 また治療のタイミングの表を参考にして下さい。

Q通院の頻度は? 
 
 Q:治療のタイミングはどうしたらいいですか? 
A
:あなたに合った最適な日を、施術時にお伝えいたします。
治療の頻度・大事な日を目安としてご参考にして下さい。
  
Q:採卵が近いのでできるだけ詰めて通いたいのですが。
A
:採卵前のはり灸は是非オススメしております。
 
 なお平日の夜や土曜日は予約が取りにくくなっております。

 頻回通院ご希望の方は予めご相談下さい。
 
 
 
 Q:月経中の治療は大丈夫ですか?いつから治療を始めるとよいですか?
A
:月経中でもはり灸は問題ありません。月経痛がある場合には、はりを行うことで軽減を望めます。

はり灸の開始はいつからでもかまいません。その時期にあった治療を行います。
 
 
 
 Q:鍼灸の目安はいつまでですか?妊娠判定までですか?
A
:あなたに合った最適な日を、施術時にお伝えいたします。
 
 個人差がありますがおおよそ妊娠12週頃までです。

 脈がしっかりしていればもっと早く卒業となります。

 卒業後もケアのため定期的に来院される方もいらっしゃいます(卒業の方の40%程)。

 また卒業後に逆子や腰痛などの症状で来られることも多いです。
 
 
 Q:はりの後に悪くなったように思うのですが。 
A
:瞑眩(めんげん)現象といって、体が改善に向かう過程で一時的に頭痛・吐気・だるさ・発熱等の

 症状が出ることがあります。

 東洋医学では、身体がより健康に向かう為に、必要な反応であるとされています。

  継続的な治療により、病症の改善を図ることができます。

  また当院では初めてはり灸をされる方には、このような症状が出ないように配慮しておりますが、

  特にご心配な方は予めお伝え下さい。

 
 Q:病院へ通院しながらでもよいですか? 
A
:不妊治療と平行してはり灸を受けておられる方は大勢いらっしゃいます。

 それぞれの医学のよい点がありますので相乗効果を期待できます。

 タイミング法、人工授精、体外受精、全ての段階の治療に合わせてはり灸を行います。

 もちろんはり灸のみで「まずは体作りから」でもかまいません。

 高度生殖医療を受けていてもいなくても、基本は母体の状態が整っていること が第一です。

 
 
 Q:はりの後にお風呂に入っても大丈夫ですか? 
A
:はい、差し支えありません。

 ただ、はりの後は疲れるような事(運動、飲酒など)をすると、
 身体に負担がかかりますので早めにお休みください。
 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
 
 東京新宿鍼灸不妊不育症の鍼灸院。不妊カウンセラー
 
 
鍼灸 不妊 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.