脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
矢印安産灸
 
安産灸とは・・
 

当院では、卒業された患者さまに対して安産灸のご案内も行っております。

安産灸の開始はいつからかというと、当院では概ね胎動を感じてしばらく経った頃から始めます。
 
 
 しかし、「複数回流産した経験がある方や、どのような経緯で体外受精をしたか」によって患者様によって安産灸をスタートする時期を変えています。

 
安産灸の開始は、患者様のお身体の状況に応じて!です。


安産灸のツボは、三陰交という経穴(ツボ)にお灸をして頂いております。

直接「もぐさ」をひねってすえるお灸です。

すえ方を治療時に一緒に練習しますのでご安心ください。

つわりの時も逆子の時も安産灸と同じ方法のお灸をしますので、一度覚えてしまうととても便利です。
 
 
 
 

戦後、産婦人科医の石野信安先生は「逆子の灸」と「安産の灸」を発表されました。

石野先生の著書から、安産灸についての記述を抜粋させていただきます。

 
 
 
 

「さて、出産に際して、安産のための漢方薬や、つわり・妊娠中毒症などの治療に古人は豊富な経験を残してくれています。それはとても貴い経験で、今の医学に対しても十分にたえられる内容のものです。たとえば、妊娠中に三陰交というツボにきゅうをすえると、逆子を正常位に戻したり、また安産を約束することにもなります。つわりや母乳不足にもきゅうがよくききます。

(略)

妊娠中に、妊婦が三陰交にお灸をすえることは、母体のためのみではありません。生まれてくる子供にも著しい効果がみられるのです。よくわかるのは、子どもの胃腸が丈夫で、リズム感が発達し、からだが敏しょうに動くことなどです。お灸をすえた人とすえない人とでは、子供にはっきりその違いがでます。

(略)

安産のお灸として私は、この三陰交というツボに、もう三十年以上もお灸をすえています。しかし、一例も副作用と思えるものを見たことはありません。良い結果ばかりです。妊娠中には、足のむくみやだるさがとれます。

また、出産の折には陣痛が軽くすむようにもなります。そして、生まれた赤ちゃんは丈夫に育ちます。こうしたことを見ていると、その子どもたちの将来を考えても、妊娠中の手当てがとても大切であることを痛感します。

三陰交というツボは、終戦後すぐに私が、ここにお灸をすえて、胎児の逆子を治したのがきっかけで使うようになりました。

お産に、特別な異常がないときは、なるべく手を加えず、自然にまかせることが最上の方法です。そのためにも、妊娠中に毎日、三陰交にお灸をしていると、自然にまかせて楽なお産ができます。一人でも多く、このお灸によって、丈夫な赤ちやんを生んで欲しいと願っています。

安産灸
 

 三陰交のお灸は、初めにツボの位置を教えてもらえば、後はずっと妊婦が自分ですえることができます。少し行儀の悪いかっこうになりますが、あぐらをかいてすえれば、誰にでもできることです。そして何よりも大切なことは、自分が自分自身のためにお灸をするということです。安産のために、具体的に、母体に、そして赤ちやんにいいことをしている。という積極的な姿勢がとても妊婦の心を落つけます。自分の、生まれてくる赤ちやんのためによいことを実際に行なうというその気もちがとても大事なのです。また、かなりの期間、かなりの数をすえるわけですから、お灸の練習にもなります。ここで、しっかり、お灸のすえ方をマスターしておくとのちのち役に立ちます。赤ちやんが少し具合いが悪くなったときなど、お灸で冶してあげられるようにもなるでしょう。


安産灸

 三陰交のお灸をすえ始める時期は、古い文献を参考にし、経験を重ねた結果、大体五か月ぐらいから始めるようにすすめています。そのころになると、つわりもだいたい終わり、胎盤も安定して、発育が軌道にのる、と考えられます。」
 

『女性の一生と漢方』  緑書房  石野信安著 

 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分


大きな地図で見る
 
 
 東京都新宿の安産灸 妊娠中の鍼灸
 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.