脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
矢印男性不妊
 
 もくじ
 
(精子をうまくつくれない))

乏精子症非閉塞性無精子症
 
 (精子の通り道に問題があり、うまく出てこられない))
乏精子症無精液症閉塞性無精子症逆行性射精
 (精巣上体・前立腺・精嚢などに炎症があり精子が活動できない)
精子無力症濃精液症
 
 
 (膣内でうまく射精を行うことができない))
勃起障害射精障害
 原因不明、染色体異常、内科的疾患、
奇形精子症
精子不動症精子死滅症  
 
 精子ができる過程

精子は精巣の中の精細管という場所で、

精粗細胞→第一次精母細胞→第二次精母細胞→精子細胞(前期精子細胞=円形精子細胞→後期精子細胞)→精子

という順番でできます。精子は思春期から老年期まで絶え間なくつくられます。
 
 精液所見における基準値(WHO2010
 精液量  1.5ml以上
 ph  7.2以上
 精子濃度  1ml中に1,500万個以上
 総精子数  3,900万個以上
 精子運動率   32%以上
 精子正常形態率  正常形態が30%以上
 精子生存率  58%以上
 白血球数  1ml中に100万個以下
 
 
  
 精巣で精子をうまく造れない状態です。
男性不妊の80%を占めるといわれ、乏精子症や非閉塞性無精子症に代表されます。


 主な原因は染色体異常、耳下腺炎、精索静脈瘤、突発性造精機能障害などです。


 先天的な原因である染色体異常(クラインフェルター症候群など)では、
精子が見つかれば体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)が適応になります。


 後天的な原因では、耳下腺炎といっておたふくかぜから引き起こされる精巣炎で、
ウィルスが精巣まで侵入してしまうものや、 精索静脈瘤などがあります。


 精索静脈瘤は、精巣から出ている静脈の血流が逆流して滞って、
コブ状に膨れる病気です。
逆流した血液が精巣の温度を上げてしまい、精子形成に悪影響を及ぼします。
治療は低位結紮術・高位結紮術など静脈を縛る方法があります。


 突発性造精機能障害は原因がハッキリしないという意味で、薬物療法などを行います。
効果は個人差があります。


 良好な精子が得られない場合は、TESE(精巣精子採取法)といって、
直接精巣から精子を採取し顕微授精を行います。
 
 
 乏精子症

精子濃度が2,000/ml以下の場合を乏精子症といいます。

 数により人工授精や体外受精・顕微授精が適応になります。


 軽度の場合は漢方薬や薬物療法(クロミフェン)で改善が期待できます。

精索静脈瘤が原因の場合は、その治療をすることで改善が見込める場合があります。
 
非閉塞性無精子症(※1)
 精子をつくることができず、精液中に精子を認めない状態です。

原因は染色体異常(クラインフェルター症候群など)、
下垂体・視床下部の障害によるもの、

薬剤・おたふく風邪による精巣の障害、原因不明の場合があります。


 下垂体・視床下部が原因の低ゴナドトロピン症の場合は、
ホルモン補充療法で精子形成が見られるようになることもあります。
 精液中に精子がいなくても、精巣内に精子がいる場合があります。 

その場合はTESE(精巣精子採取法)やMD-TESE(顕微鏡下精巣精子採取法)で、
精子を採取し顕微授精をします。

精子が見つからなかった場合、一部施設では精子の一歩手前の後期精子細胞を探し顕微授精を行っているようです。

※1無精子症
精液中に精子を認めない状態です。無精子症には大きく二つに分けられます。

精巣が精子をつくることができない非閉塞性無精子症と、
つくられた精子が精液中に出ない閉塞性無精子症です。

 閉塞性無精子症は精路通過障害に分類されます。

 
 
 
  精巣でつくられた精子は、精巣の上にある精巣上体に貯えられます(ここで成熟し運動能と受精能をもつ)。

そして精管へと続き精嚢から分泌物(精子の運動エネルギー)を受け、
前立腺を貫き尿道に合流します。


 この通路のどこかに問題があるとうまく精子が外に出てこられません。
原因は精巣上体炎、ソケイヘルニア手術による閉塞・パイプカット・逆行性射精などです。


原因のある部分に対して精路再建術を行う、またはTESE行います。
乏精子症 上記参照
 無精液症

射精感があっても、精液が射精されないことで、逆行性射精などが原因です。

逆行性射精は外尿道口に射精されず、膀胱へ逆行します。

膀胱内の精液を回収し、人工授精や体外受精を行います。
 
 閉塞性無精子症

 精子はつくられていても、精路に問題があり精子が精液中に出ません。

 精路再建術を行い、充分な精子の数があれば自然妊娠や人工授精が可能となります。


これでも困難である場合、TESEMD-TESE
またMESA(顕微鏡下精巣上体精子採取法)、
PESA
(経皮的精巣上体精子採取法)を行い、
精子を回収し顕微授精を行います。

    MESA:精巣上体管から精子を回収します。
    
    PESA:皮膚の上から精巣上体に針を刺し精子を回収します。


 逆行性射精

精液が陰茎から放出されず、膀胱に逆流してしまう状態のこと。
薬で治療しても効果がない場合、精子を採取して体外受精や顕微授精を行う。
 
 
 
 精子無力症
 

運動率が50%以下、または高速直進精子が25%以下の場合、精子無力症といいます。 数により人工授精や体外受精・顕微授精の適応となります。

濃精液症

クラミジアなどの感染による炎症により、精液中の白血球数が多くなります。

そのため精子の動きが悪くなり受精が難しくなります。
 
 
 勃起障害(ED)、射精障害に分かれます。


 勃起障害はストレスなど心理的なものや糖尿病・高血圧など身体的なものがあります。

 射精障害は逆行性射精や膣内射精不可の場合があります。


 心理的・身体的な問題が絡み合っているので、両面からの治療が大事になります。
 改善が難しい場合は人工授精などが適応になります。
 
 
 

原因不明、内科的疾患、染色体異常

原因不明のことも多く、糖尿病などの内科的な疾患、クラインフェルター症候群や転座など染色体の問題のこともあります。
 

 奇形精子症
全体の70%以上が奇形である場合奇形精子症といいます。 

顕微授精が適応になります。

 精子不動症
 精子は動いている精子もいれば、動いていない精子もいます。

精子不動症は、精子は確認できるが動いていない状態です。


 全く動いている精子がいないということは少ないため、

少しでも動いている精子がいれば、顕微授精をすることができます。


 動いている精子がいない場合はHOST(低浸透圧膨化試験)を行い、

生きている精子と、死んでいる精子を判別し、

生きている精子を選び顕微授精をします。

 精子死滅症
 精液中の精子が死んでいる場合、精子死滅症といいます。

 まだ詳しくは原因が解明されていません。

 少しでも生きている精子がいれば顕微授精を行います。

 また直接精巣から精子を回収できれば、顕微授精も可能です。

 
 
 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
   男性不妊 精子の状態 鍼灸不妊治療
鍼灸 不妊 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.