脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印判定日以降の鍼灸について

 判定日以降の鍼灸治療の流れは大きく分けて三通りに分かれます。

①陽性の場合 
②陰性の場合 
③まだどちらともいえない場合
  (hcgが低いが可能性が残っている場合など)




①陽性の場合

妊娠初期は不安定な時期のため、妊娠を維持できるように母体の健康状態を整えます。

当院では仮卒業である妊娠12週頃まで継続的な治療をお勧めしております。
詳しくはご妊娠された方へのページに記載しております-

染色体の異が原因の場合以外を対象としており具体的には以下のものがあります。

・ストレスを緩和して血液の循環を良くし、流産のリスクを減らす

・出血に対しての治療

・一部の不育症に対しての治療

・つわりや妊娠初期の諸症状に対しての治療

・東洋医学的に流産しやすい状態ではないかを診察し、流産を防止するための治療



 ②陰性の場合

次の周期の病院での治療がどのような予定かで変わります。

落ち着くまで病院は少しお休みをされる患者さまもおられます。

そのまま次の周期も移植予定の場合もあります。

病院によっては採卵ということもあります。

陰性とはいえ、hcgがわずかに出ていることで、次周期の予定が変わることもあるでしょう。

今後の鍼灸治療としては、概ね以下の二パターンです。

・採卵や移植などあまり休みをおかず積極的に治療を始めた方がいい場合(年齢やホルモン値、お身体の状況で総合的に判断します)

・これからに備えコンスタントにまた始めた方がいい場合(ペースは患者さまによりご提案します)

 

その他ご不明点や細かい点など確認したいことがあればご相談ください。

治療状況、年齢、お身体の状態などを考慮して、あなたに合ったご提案をさせていただきます。
 ③まだどちらともいえない場合
  (hcgが低いが可能性が残っている場合など)

可能性がある限り妊娠が維持できるよう後押しをする鍼灸を行います。

染色体の異常がない場合は決してあきらめたくないところです。

よく「赤ちゃんの生命力にかけるしかない」と言われるものです。

 

鍼灸治療では、このような場合も積極的にアプローチをかけます。

できることは何でもしたいところです。

 

治療方針としては、ご本人様が持つ生命力を最大限に発揮するよう働きかけることです。

そして間接的に赤ちゃんに働きかけます。

(詳しくは①妊娠のしやすさと不妊鍼灸 ②ヤジロベエ理論 ③生命力強化と不妊治療に生命力を強化するとどういう効果があるのかを説明しております。)

 

残念ながらhcgが下がってきてしまった場合や子宮外妊娠の疑いのある場合は、リセットをして再スタートをする必要があります。

 

 

具体的な当院の治療では、

患者さまのお体自身の力で自然にリセットしようとしている場合は、その力を後押しする治療。

自然にはなかなか生理が来そうにない場合は、生理が来るように働きかける治療となります(流産後自然に出血がない場合や陣痛促進の治療と同じような方法をとります)

 

 

この様な場合や、流産後という時期は、東洋医学的な「気」というものが消耗している場合があります。

まずはしっかりと力をつけて土台を固めることが当院の鍼灸治療では重視しています。

 

要はいい状態で再スタートをすることが重要なのです。

よくあるケースでは、流産後やhcgが出た後の数周期は、ホルモン値はOKでも、その後すぐは採卵が上手くいかないことがあります。

 

この様な場合は、目に見えない、数値には表れないものですが、私達は気や血というものが損傷しているために上手くいかないと捉えることができます。

 

これは脈などを診ると判断ができます。そのような場合は患者さまのお身体の状態に合わせた治療をすることで、早くいいスタート、いい卵子が育ちやすい環境を整え備えます。

 

消耗した後の、この土台が固まっていない状態が、数周期はまだ採卵等が上手くいかないケースが多いと感じます。

 

 

この時期はお身体を回復させ土台をしっかり築きましょう。
 

身体づくりができている状態が、生命力が高い状態といえます。

 

判定日以降の状況により、治療の内容は以上のように分かれます。

しかし①~③で共通していることは「身体ができていて、生命力が高い」状態であることです。

 

 

判定日以降の「治療の意味」の参考になれば幸いです。
 
 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
東京新宿の不妊鍼灸
鍼灸 不妊 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.