脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印不妊不育鍼灸で使う鍼の種類

 
 
 
 「てい鍼」:先が丸く、当てるだけの刺さらない鍼
「ごう鍼」:一般的な刺入する鍼。
あとは「ざん鍼」「円鍼」という鍼を用います。この二種類は、
なでるような使い方をしています。
 
 「てい鍼」 
鍉鍼
 
 「ざん鍼」
饞鍼  
 
 「ごう鍼」
毫鍼 
 
 
 
 ごう鍼の説明です

材質には金、銀、ステンレスなどがあります。



それぞれの利点・欠点

金鍼 
利点  柔軟性・弾力性に富み、人体組織へのなじみがよく損傷が少ない
     酸化しにくい
欠点  高価で耐久性に劣る。


銀鍼
利点  柔軟性・弾力性に富み、人体組織へのなじみがよく損傷が少ない
欠点  酸化しやすく耐久性に劣る


ステンレス
利点  刺入しやすく折れにくく、安価である。
     高圧滅菌や通電に耐える。
欠点  柔軟性・弾力性に劣る

  参考文献 「はりきゅう理論」 医道の日本社
 刺入する際には 0.12mm~0.24mmの髪の毛ほどの細い鍼を使用しますので痛みはあまり感じません。
 
 
 上が注射針で下が「ごう鍼」です
 
  
 
ごう鍼 営気の手法 
                        てい鍼 衛気の手法
 
 
 お灸には、透熱灸(焼ききる)、知熱灸(温かくなったら取る)など種類があり、病態により使い分けます。
 
 こんなイメージですか?
 

当院で主に行うお灸は透熱灸といってゴマくらいの大きさです。

 米粒との比較。
 透熱灸と知熱灸との比較。
 
 
 透熱灸のお灸の仕方は、 
 お灸の方が効くツボに置きます。
 線香で点火します。
 一瞬で
 燃え尽きます。
 気持ちいいですよ。これを状態に合わせ何回かお灸をします。
 
 
 
 知熱灸のしかたは、
 点火します。
 
 
 そろそろ温かく感じてきました。温かく感じた時点で取り去ります。
 
 
 
 
 
 なるべく早くお身体を改善するため、家でのお灸をおススメしております。
こんな形をしています。
台座の下についているシールをはがし
治療時にツボに印を付けますので、印に置きます。
線香に火を付けます。
点火します。
2分ほどで燃え尽きます。 
燃え尽きる前に熱くなったら取ってください。 
取るとき台座も熱くなっていますので、気をつけてください。
 鍼と同じく状態に合わせツボを選びます。
周期により使用しないツボもあります。
治療時にもご説明しますが、心配な場合はどんどん聞いてください。

あなたのお身体の状態によっては、別途違うお灸をおススメすることがあります。

初めての方には、初診時にお灸の使い方、
注意点などを申し上げますのでご安心ください。
 
 
 
 
 
 置き針・銀の粒

治療効果を持続させるために、置鍼や銀の粒を貼ることがあります。
    
 
 
 
最後に

主に使う鍼は「てい鍼」という鍼と、
「ごう鍼」を「てい鍼」のように当てて使います。
病態により「ごう鍼」を刺入することもあります。

その他補助的に「ざん鍼」や「円鍼」を使用し治療を行います。


 鍼灸は気の医学です。

気を動かすことにより脈やお腹を整え妊娠しやすいお身体に向け調整していきます。
微妙な気の動きを重視して治療を行いますので、
銀や銅など気の変化が得られやすく、私自身使っていて心地よい鍼を使用しております。
 全ての目的は、赤ちゃんを迎えるための身体づくり。
そのために、あなたがどのような身体の状態かを診察で把握し、
あなたの身体の状態に応じた経絡やツボを考えます。
そのツボに対して補瀉を加えます(手技を行います)。
目的に応じ、鍼がいいのかお灸がいいのか、どのような種類がいいのか選びます。
  
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
鍼灸不妊東京新宿の鍼灸院 
   
鍼灸 不妊 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.