脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印生命力の強化と不妊鍼灸
 

「健康」であることとはどのようなことだと考えるでしょうか?

 

 

日本WHO協会によると

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)」

 

 

今回は身体的な健康というものを、不妊治療をしている時にはどのような状態が良いのかを考えてみたいと思います。

 

 

 

そあら鍼灸院の考える健康とは、「生命力を強化」することです。

 

大辞林で「生命力」の意味を調べてみると、

生命を維持していこうとする力

とあります。

 

 

怪我をしたりや風邪をひいても、いずれ治っていくのは、

生物には「健康な状態を一定のレベルで維持する」働きがあるからです。(恒常性の維持、ホメオスタシスといいます)



1

例えば、冬に半袖一枚になって、100人で一斉に外に飛び出したとします。

外に1時間居てもらいます。

すると後日、当然風邪を引く人が出てきます。

しかし、全くへっちゃらな人もいます。

 

 

この差は何でしょうか。

  

 

それは生命力の高さです。

生命力は、

「免疫力が高く」風邪そのものを引きにくくしたり、

「自然治癒力が高く」、風邪をひいてしまっても早く治る状態。

といえます。

 

したがって、病は患者さん自身が持っている生命力が治しているのです。

 

 

これは①ヤジロベエ理論のときに出た例です。



例2

もう一つ例を出します。

不妊治療で訪れる患者さんのなかには「冷え」に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

 

鍼を続けていると「冷えが改善されてきた」ということがよくあります。

 

よく体温が低いと免疫力が低く病気にかかりやすいといわれます。

体温を一度上げると免疫力が5倍にもなるという本もヒットしました。

 

また「熱」というものは活動性があり、いわば生命エネルギーに満ちた状態です。

一方「冷え」という状態では活動性はありません。冷凍された状態では仮死状態です。

 

 

冷えが改善されてきたということは、生命力が高まってきているということです。

 

 

これらは生命力の強まりでヤジロベーの支点が高まった状態です。

 

 

生命力の強化をする治療とは、

生命が本来持っている「健康に生き抜く力」を高めることです。

生命力高い状態が健康的な身体のベースだからです。

健康的な身体の先に妊娠のしやすさがあります。

 

  

不妊治療では、「身体づくり」が重要です。

身体づくりでは、この生命力を充実させることに重点を置いています。

 

生命力が充実してくると身体のベースができます。

 

妊娠しやすい脈になってきているか、また下腹部の充実具合で、

妊娠しやすい身体になってきたかを判断しています。

 

妊娠しやすい脈やお腹になるということは、東洋医学で妊娠(生命の根源)にかかわる気が充実しているのかです(この根源が上がっていることが、ヤジロベーの支点が上がったということ)。

それが充実してくれば、妊娠しやすい脈や下腹部の充実度合いとして現れる。また免疫力や自己治癒力の状態(=健康状態)として現れます。①でいうオレンジの円が大きくなることです。

 

継続して来院される患者様ほど、風邪を引きにくくなる、冷えが改善する傾向にあります。

これは健康に生き抜く力が強化されている状態で、妊娠しやすい身体づくりの土台ができてきた状態です。

 

 

健康とは生命力の強さであり、患者さまをみていると、生命力の高い状態ほど不妊治療でも結果が出やすいものだと感じます。

 


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

オレンジの円を大きくすること=ヤジロベーの支点を上げること=身体づくり 

当院の行う不妊不育鍼灸とは、治すものではなく高めるもの、取り戻すもの。 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 

さいごに

決して妊娠がゴールではありません。
そう考えると、不妊治療=生命力強化だけではありません。

以下に挙げた流産、二人目不妊、体の不調など、妊娠しやすい身体づくり以外にも積極的に生命力を強化するためヤジロベーの支点を上げた方がよいです。

 

・不育症では何も検査で引っ掛からないのに、何回も流産を繰り返してしまい来院された患者さまがおります。案外このような方は少なくありません。

流産後は心も体もダメージが大きいものです。妊娠前からの準備が必要。

・二人目不妊の方が多くいらっしゃいます。

出産後の体調がなかなか回復しない。

そのため二人目を迎える身体の準備が整わない。

・産後、不妊治療とは関係なく定期的に来院されている患者さまがいらっしゃいます。

鍼をして免疫力や抵抗力が上がって、健康的な生活を送るための身体のメンテナンスをしたい。

 

 

この生命力を強化することが、そあら鍼灸院の治療の特長です。

 

 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
 東京新宿鍼灸不妊不育症の鍼灸院。不妊カウンセラー
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.