脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印基礎体温と生理周期
 
基礎体温
 
基礎体温は生命を維持する上で、
必要最低限のエネルギーしか使ってないときの体温です。

睡眠中にその体温を測れるといいのですが、
寝ているときは計れないので、朝動く前に測ります。



基礎体温をつけることでホルモンの変化や身体の変化をある程度把握できます。

寝不足や口をあけて寝ていたり、
部屋の温度など微妙な違いで変化が出てしまうものです。


重要なことは全体的にみて低温期・高温期が分かれているかなど把握することです。


あまり神経質になることはありません。
 
生理周期

生理が始まった日から、次の生理の前日までを生理周期といいます。

月経周期の正常範囲は2538日とされます。

しかし個人差が大きくストレスなどで変動します。
  
ホルモンの分泌と生理周期 

卵胞期

脳の視床下部からGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます。

GnRHの分泌により、脳下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)が

分泌されます。

FSHの分泌により、卵巣内で複数の卵胞が育ちます。

(最終的に排卵に至るのは選ばれた1つの卵胞。残りは閉鎖卵胞となり体に吸収されます)

この時期に排卵誘発剤で卵巣刺激を行うと、
閉鎖卵胞にならずに卵胞を育てることができます。

卵巣では・・卵胞が育つにつれE2(卵胞ホルモン=エストロゲン)が分泌されます。

子宮では・・E2の分泌により子宮内膜が厚くなります。

 
排卵期

卵胞が成熟してくるとE2は急増します。

増えたE2により脳下垂体が刺激されLHを分泌します。

これをLHサージといい、

LH
サージが起こってから約2436時間後に排卵します。

卵巣では・・卵胞から卵子が飛び出て排卵します。



排卵を予測するために、血液中や尿中のLHの濃度を調べる。

(血液検査、尿検査、排卵チェッカーなど)

おりものが増えてくるのを自分で確かめるのもいいでしょう。

採卵時はこの頃にスプレキュアなど点鼻薬やhCGという注射を使います。

 
 
黄体期

排卵した卵胞は黄体へと変わり、
P4
(黄体ホルモン=プロゲステロン)を主に分泌します。


P4
の体温上昇作用で高温相になります。黄体の寿命は約14日間です。


黄体は妊娠が成立すれば引続きP4を分泌し続け高温相が続きます。

16
日以上高温が続けば妊娠の可能性があります。


妊娠しなければ、黄体は退行しホルモンの分泌が減少し、
やがて生理が来ます。

高温期が10日以内だと、黄体機能不全の疑いがあります。

血液検査でP4の値を測ったほうがよいでしょう。

黄体期は

卵巣では・・P4を分泌する。

子宮では・・P4が子宮内膜を厚くやわかくフカフカにさせ、着床に適した状態にする

 
 
月経期 妊娠が成立しなければ、黄体は約14日で退化します。

そしてP4も減少することにより、
維持されていた子宮内膜が剥がれ落ち排出される。これが生理です。

そしてまた次の生理周期になります。
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
 ホルモン分泌と卵胞の成長 生理周期 基礎体温(BBT)新宿不妊鍼灸院
鍼灸 不妊 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.