脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印考察
 妊娠しにくいお腹① ふにゃっぺこっ

お腹がペコっとしていて弾力がなく、抵抗感のないお腹。

ふにゃっとしていて、平べったくて盛り上がりがない。

ちなみに足も冷たい。

このようなお腹の方は割と多く来院されます。 

じっくりと根気よく、温めるように治療します。
 
  
 口から入るものに対しての意識 

『神農本草経』とは、後漢ころに成ったとされる、中国で最古の薬物学の本です。

その中に、365種類の薬物があります。

それらが、上薬・中薬・下薬と3つに分類されます。

上薬は命を養う薬で、副作用はなく、長期に服用できて不老長寿の作用があります。

中薬は体力を養う薬。使い方次第で無毒にも有毒にもなるので服用には注意が必要。

下薬は病気の治療薬。副作用があるため長期間服用してはいけない薬です。

古代の中国では、今でいう外科系の医師や内科系の医師、食医、獣医の4つに分かれていて、その中でも食医のランクが最高位とされていました。

それだけ口から入るものは、とても重要だということです。

 臨床を通して考えてみれば、余計なものを食べたり、必要のないものを摂取することが、邪となって身体に現れ妊娠しづらい身体になる事を考えれば、とても納得できるなと感じます。サプリや薬で脈が沈んでしまっているような方が当てはまると思います。
 流産しやすいお腹・卵の質と冷えとの関係

新患でいらっしゃる方で、冷えている方が多いのですが、

中にはあまり足の冷えを自覚していない方もおられます。

お腹も薄いというか、平べったい感じの事が多いです。

このタイプの方は年齢が上がっていくと、なかなか採卵がうまくいきません。

子宮も冷えていて仮に妊娠しても流産しやすい印象です。

まだ今一度足やお腹の状態を自分でも確認してみてください。

採卵をされている場合、時間的なことを考えると、

急いだ方がいい方も多いのが事実ですから、

もう少し早く身体を準備をしてから備えられたらよかったなと思うことが多々あります。
 
 凍結胚盤胞 着床日の鍼灸治療

凍結胚盤報を移植される方も多いでしょう。

胚盤胞を移植すると、まもなく着床になります。

胚盤胞が透明帯という殻を破って孵化(ハッチング)します。AHA(アシステッドハッチング)といって透明帯を傷つけ、孵化しやすいように補助することもあります。

移植の治療として、この着床期に合わせて鍼灸治療をおすすめしています(もちろんそれまでの治療も大事であり、体ができていなければ、この移植日だけ治療しても厳しいことが多いです)。

移植の際の鍼灸治療の日の目安はありますが、

胚盤胞に至るまでの時間はそれぞれですので、最適な治療日がいつになるかは個別にお話しています。
 
 女性の年齢と成長過程 

中国で現存する最古の医学書で、『黄帝内経素問』という本があります。

紀元前二百年~紀元前後ころ成立したといわれますが、

ハッキリとした成立時期や著者は不明です。

『素問』は陰陽論や五行説といった医学理論を基に記載されています。

黄帝という王様と、医者である岐伯という家臣の問答方式で書かれていて、

生理・病理・病症・病因・診断法・治療法・養生法などについて書かれています。

素問の第一篇に上古天真論という篇があり、

年齢と生殖について記載があります。

黄帝「人が年をとってから子供ができないのは、持って生まれた生殖力が尽きたのか、

或いは自然の決まり(天の与えた限界)でそうなるのか?」

岐伯「女子は7歳で、腎の精気が盛り上がってくる。その精気を使って歯が生え変わり髪が美しく成長する。

14歳で、任(妊娠に関係する)脈が開通する。月経が規則正しく起こってくる。

21歳で、腎の精気は高い水準で平衡状態に達する。そこで、永久歯が出てきて生えそろう。

28歳で、もっとも充実した身体になる。

35歳で、顔にしわが生じ抜け毛がはじまる。

42歳で、髪の毛が白くなり始める。

49歳で、月経が停止する。」

と言っています。

男子は

8歳で、腎の精気が充実してくる。そこで髪が生育し、歯が生え変わる。

16歳で、生殖能力が備わる。

24歳で、腎の精気は充実する。

32歳で、もっとも充実した身体になる。

40歳で、腎の精気は衰え減り、歯も抜けやすくなる

48歳で、白髪が交じるようになる。

56歳で、身体全体が老化する

64歳で、歯も髪も抜けてしまう。

参考文献 素問ハンドブック 池田政一

     素問訳注     家本誠一

それぞれの年齢と成長過程が、女性が7年サイクル、

そして男性は8年サイクルでこのような過程を辿ると言っています。

また黄帝は

「昔の人は百歳になっても元気だったのに、最近の人は五十歳位で動作が衰えてしまう。

それは世の中の仕組みが変わってきたのか、あるいは人が正しい暮らしの方法を見失ってしまったのか?それはどうしてだ?」

と岐伯に問いかけます。

岐伯は

飲食の過不足

心身の過労

房事

自然に調和した生活

などをよく守ればいいのだと言っています。

そうすることにより老化しないそう。

そして次篇の養生法・・・と続きます。

先人の偉人達が教えてくれています。

そこヒントを得て臨床を行っております。

古典に基づいた鍼灸を行うことは、

今までとは違う着眼点からアプローチしていくことが可能であるし

求められていると感じています。

たとえば、春は陽気が多くなり活動的な時期です。

春の養生は、運動などをして活動し、のびやかになっていることがよいのです。

春の季節に調和しない生活で送ってしまうと

夏でも汗が少なく冷え症になったりします。

冷え症になると・・・

やはり、妊娠しづらく困っている方は冷えている方が多くいらっしゃいます。

冷えの自覚がない方も多いです。

このような場合

陽気を上げていく治療を行うことになります。
 
 あなたの冷えの原因は?
何を目的に治療しなければならないのか 

今回は、西洋医学的な不妊原因は除いたお話です。

来院される方で特に多いのが冷え。

妊娠しにくい方達は、どのような身体の状態か考えてみると、

共通することはやはり体が冷えているということなんです。

鍼灸をすることで血流を改善することにより、妊娠しやすい身体に近づけます。

実際に問診時にもそのようにご説明することがあります。

なぜならば、ホルモンは血液と一緒に流れ卵巣へと到達します。

例えば、頭から排卵しなさいと命令を出すホルモンや、お薬、また卵胞を育てるための注射など血液と一緒にホ

ルモンが卵巣へ行ってくれないと、しっかり反応してくれません。

それだけ冷えを改善することは重要なことだと思います。

結局冷えが原因の場合は冷えを改善しないと難しいということですね。

しかしそあら鍼灸院が本当に取り組むべきだと考えていることは、

何故冷えているのかを東洋医学的病理をしっかり考え改善していくことです。

当院の中で、一番冷えが原因の方が多いのでこれを例にとります。

※陽虚といわれるものが多いです。

※陽虚証とは

陽気が不足した状態。身体を暖める作用の陽気が不足しているので冷え症状が特徴。

肌肉が硬くなり暖かみを好むようになる。

陽虚証には陽気(肺気・衛気・営気)不足と、血そのものの不足による二種類の発生機序がある。

                      用語集 漢方鍼医会学術委員会編 より

何故冷えているのか といことで、

陽虚証の中でも多いと思うのが、

肝虚証虚証:腎の津液と命門の陽気が虚し、肝の貯えている血も無くなり冷え症状を現しているもの。

また、

腎虚陽虚証:肺気の循環が悪くなり腎の津液も命門の陽気も少なくなり冷え症状を現している。

等です。

陽虚以外では肝実証などで治療することもあります。

肝実は血の滞りで瘀血(おけつ)と解釈しています。

 

不妊とは少し違いますが、何度も流産を繰り返してしまう不育の方の中には(しかも特に、西洋医学的に不育の原因が突き止められない場合)、肝虚陽虚で治療することが多いです。この証が絡んでいることが多い様に感じています。

繰り返してしまう流産については、いずれ機会があればまた書きたいと思います。

そあら鍼灸院の妊娠しやすい身体づくりのための治療とは、

血流を物理的に良くするということだけではなく、

東洋医学的に身体の状態を考え治療することです。ここが本質だと思います。

そのためには望診(視診)や脈・お腹などを通して判断して鍼灸を行います。

初診時には、鍼灸治療の前にお話をうかがう時間を設けております。

それだけでは足りないので治療中もおうかがいさせていただいております。

まずはあなたのお話をお聞かせ下さい。
 冷え 卵胞 卵質と鍼灸の関係
 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
 
 東京新宿の鍼灸不妊不育症の鍼灸院。不妊カウンセラー
鍼灸 不妊 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.