脉診流 そあら鍼灸院

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印妊娠された方へ
 妊娠おめでとうございます。

嬉しさと同時に、このまま妊娠が継続するか不安な気持ちもあると思います。

 

ここでは妊娠初期における当院の治療について解説いたします。
 
①ストレスを緩和して血流の循環を良くし、流産のリスクを減らす

例えばお母さんがストレスを受けると、交感神経が優位になります。 


交感神経が優位になると血管を収縮させてしまうため血流が悪くなります。 
すると子宮の血流が悪くなります。身体はまず自分の心臓へ血流を届けるため、結果子宮へ届きにくくなります。 


痛くない鍼でリラックス効果を出しながら子宮への血流の循環をよい状態を保ちます。


※ストレスや心理社会的因子が流産のリスク因子だとする研究報告もあれば、データとして実証されていないものは原因と認知できないとう考えもあります。 答えのない結論ですが、何かと不安の多い時期。体にとっていいと思える事をして過ごせることが重要だと思います。
 ②出血に対しての治療

原因のはっきりしない出血も多く安静にするしかないと言われますが、鍼灸治療では妊娠初期に限らず
不正出血に対して治療をすることはよくあります。 

染色体異常が原因ではない場合は止まることも多いと感じます。
 ③不育症に対しての治療 

抗リン脂質抗体や血液凝固因子があるためアスピリンやへパリン療法を行いながら併用して鍼灸治療を受けられている方が多くいらっしゃいます。 

同種免疫異常についてはリンパ球移植やピシバニール注射を行われることがありますが、現段階では有効性は十分証明されていないのが現状です。当院の考えでは、要研究段階の分野です。東洋医学的に考察してみると「胞」と言われる部分では、異物を攻撃しないためあまり免疫が働かないようにできています。ここへのアプローチ方法が治療ポイントとなりそうです。 

転座については、染色体に異常のない卵子が排卵されること(当院の良い卵子を得るための治療は、すなわち良い卵子が選ばれるための身体づくり)だと考え、妊娠前からの積極的な身体づくりを行います。
 ④つわりや妊娠初期の諸症状に対しての治療

妊娠中の様々な症状に対して薬は極力避けたいところです。

薬を使わずに治療できるのが鍼灸のメリットです。
 
⑤東洋医学的に流産しやすい状態に対しての身体づくり

特に原因がみつからないため治療のしようがないと言われてしまう流産を何度も繰り返してしまう方がいらっしゃいます。

原因が見つからなくても、流産しやすいお腹や、良くない脈であるため流産してしまってもおかしくないなという状態のお身体はあると思います。

そのような方はとくに、妊娠する前までの身体づくりが重要だと考えます。
 
 
  
 
 さいごに

産前・産後を通し継続的な鍼灸治療を推奨しております。

ここでは特に、「出産前までの継続治療」について触れます。

今まで妊娠は決してゴールではありませんと言ってきました。

12週頃に仮の卒業は設定してはいますが、私たちの目標は元気に赤ちゃんが生まれてくることです。

当院でご縁があって仮の卒業までされた患者さまのご出産がどうであったか、私たちはずっと気になっています。

出産は十人十色です。出産の数だけリスクがあり、リスクのない出産などありません。

もちろん安産灸や妊娠中に鍼灸をしたり、逆子治療をして逆子が戻ったとしても、残念ながら最終的に帝王切開ということもあります。

しかし、安産灸や逆子治療、安胎の治療など、先人から受け継がれてきた財産があります。

 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分
・営業時間
平日 10:00~19:30(最終受付)
土祝 10:00~15:00(最終受付)
 
休鍼日 日曜日 祝日
お電話03-6276-5299


大きな地図で見る
 
 
 東京新宿鍼灸不妊不育症の鍼灸院。不妊カウンセラー
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.