脉診流 そあら鍼灸院

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印初診日に既に着床している時のはりについて(妊娠初期の流産について) 
妊娠初期の鍼灸について
 妊娠初期のはりは果たして安全なのでしょうか?

 

 

正しく行えば安全で、つわりや便秘などの体調不良にも副作用なく受けられるので有用なものです。

妊娠初期にはりをするのは不安だと思われる方もいらっしゃると思います。

実際に治療ではどこにどんなことをされるのか「分からない」と不安に感じるのは当然です。

「得体の知れないもの」に対しては誰しも不安に思います。

 

妊娠初期には禁忌とされている施術部位や、流産の危険があるため避けた方が良いとされているツボがあります。

 

 

当院で行う「はり」は、本来の自分自身の持っている生命力を上げる治療です。東洋医学的に何故・どうなっているのかを把握し、気の調整をすることで元々持っている自分自身の身体の健康な状態に近づける治療です。気の調整が目的のため、リスクの高いツボはおろか、鍼もほとんど刺さずに(接触するだけ)治療を終える事ほとんどです。

妊娠初期に鍼を受けられる患者様にとっては、この時期に刺さない鍼を受けることはより安心感があるようです。

 

では刺さなければ、危険度の高いツボでも使うのかというと使いません。

刺さないとしても、もちろん身体に対する影響が大きいためです。

はりをするならば、しっかりと東洋医学的に診察して鍼をすることが重要です。

 

 

さて、妊娠初期のはり治療で気になることは、

    鍼灸をしたがために流産につながる可能性があるのか。

    鍼灸をすることで流産の予防になるのか。

等でしょうか。

 

まず①についてです。

一番多い妊娠初期の流産の原因は受精卵の染色体異常です。
この場合は着床して、しばらくお腹の中で育つことができたとしても、最終的にはほぼ流産となってしまいます。


このように、受精卵の染色体の異常が原因の場合、はりで流産の防止をすることはできません。

流産の原因はお母さんの行動が原因とは関係のないことがほとんどなのです。

鍼灸治療の正しい知識を持って、適切な治療を行えば妊娠初期の鍼灸は安全だと考えます。

 

次に②の「鍼灸で流産を防止できるか」についてです。

母体側に、必然的に流産を起こしてしまう原因がある場合も流産を防止する事が難しいように思います(ただし免疫の異常の場合などが原因の場合、はりで対処できるか要研究です)。

また①で述べた染色体異常の場合は鍼灸で防止できない流産です。

はりをすると副交感神経が優位になります。

例えばお母さんがストレスを受けると、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると血管を収縮させてしまうため血流が悪くなります。

すると子宮の血流が悪くなります(身体はまず自分の心臓へ血流を届けるため、結果子宮へ届きにくくなります)。

うまく鍼灸などを活用して副交感神経を高めるといいでしょう。ストレスを緩和できればはり灸じゃなくてもOK

また、東洋医学的に考えても血(けつ)が足りない方は流産しやすいように思います。子宮に血が足りないような状態では流産しやすいのです。

この様な場合は、不育症などの必然的に流産をしてしまう状態とは違い、現時点での身体の土台が流産しやすい状態なだけなのです。例えばよくぎっくり腰を起こす人は、ぎっくり腰を起こしやすい身体の土台があるのです。東洋医学ではこの身体の土台を流産しにくい土台に変え(身体づくり)しっかりさせていくわけです。

 

このように薬も使わず妊娠初期の諸症状やつわりに対処できる鍼灸は安全に、妊娠初期の健康管理のためにも積極的に活用できるものだと思います。

 

 

 

参考

不妊鍼灸ブログ「妊娠初期の鍼灸は本当に大丈夫なのか?」
http://hunin-hari.com/?p=96

こちらにも詳しく書いております。

 

 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分


大きな地図で見る
 
 
 東京新宿鍼灸不妊不育症の鍼灸院。着床後妊娠初期の流産防止のはり。 
 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.