脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印鍼の作用
 
鍼の作用
 
 
鍼の効果(西洋医学編)
 

①鎮静作用

ⅰコリなど局所の痛みが治まる針の作用は、筋血管を拡張させ筋への血流が増大して、発痛物質が排除されて痛みが治まる。

ⅱ遠隔部位への鎮痛効果は、脳にある視床下部に反射中枢があり、ハリをした反射により遠位部の筋の血流が増大することによる。

ⅲ人の脳から分泌される脳内麻薬様物質であるエンドルフィンが生産され、鎮痛効果を現す。エンドルフィンは幸せな気分にさせたり快感を起こす。自己治癒力をアップさせる、ストレスを和らげる、免疫力の強化などの作用があります。

ⅳゲートコントロール説といって、はり刺激が痛みを打ち消す効果があります。
 
 
 ②血流促進作用

 鍼灸による刺激が中枢神経を介して交感神経の過緊張を和らげます。

 局部に鍼をすることで、その部位の血管を拡張させる。微小循環の血流を増加させる。

 

③自律神経調節作用、内分泌系調節作用、免疫系への影響

  私たちの身体には、ホメオスタシス(恒常性の維持)と呼ばれる機能があります。自律神経系、免疫系、内分泌系が互いに影響し、調整しあっています。

鍼灸治療によって、鎮痛、自律神経系、内分泌系(ホルモン等)の全身への作用により血流の調整や免疫系に効果的に働き、身体の健康を保ちます。

(・自律神経は交感神経と副交感神経に分かれます。
ハリ刺激により末端から中枢(脳)へと伝わります。その刺激が、内蔵の働きを支配している自律神経系やホルモン系を介して内臓を調節します。

・抵抗力や自然治癒力など免疫系の賦活化。

・鍼灸の刺激により白血球が増え免疫力が高まる。)

 

不妊症に対する鍼灸の効果

・ホルモン分泌のバランスを調整

生理周期の乱れを整える(低温期・高温期の乱れ)

 ホルモンバランスの乱れを整える

・骨盤内血流の促進

 卵巣への血液量を増やし、卵巣機能を高め卵質を上げる

 子宮内膜を厚くする

受精卵の着床率を上げる

・妊娠しやすい体づくり・母体づくり

冷え性を改善し、卵巣・子宮への血流促進

 黄体機能不全の改善

 スムーズな排卵の促進

 卵子のピックアップの促進

子宮・卵管環境を整え受精卵にとって良い環境状態にする

流産の防止

 繰り返す流産(ある種の不育症)に対する改善

・不定愁訴

 肩凝り、腰痛、頭痛、生理痛を改善する

 注射や薬の副作用の対処(頭痛や吐き気など)

 自律神経系・ホルモンバランスを整え、精神的なストレス・不安の軽減

  
 
 

治療は東洋医学的な側面からの全身治療をしております。

例えば同じ血流の滞りという現象だけをとっても原因は様々です。

気の不足があり流す力が足りない

ストレスなどで気が詰まってしまっている

血が不足している

熱や冷えによって血が動きにくくなっている

などです。

その滞りを改善する治療の手法も何が原因かによって変わってしまします。

何が、どこで、どうなっているかという原因を捉え治療目標を立てることが重要になります。

西洋医学とはまた異なったアプローチにより上に記した不妊に対する効果が得られます。

 
 
鍼の効果(東洋医学編)
 漢方はり治療とは  
東洋医学からの観点
  参照
 
 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
 東京新宿鍼灸不妊不育症の鍼灸院。不妊鍼灸の効果。
 
 
鍼灸 不妊 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.