脉診流 そあら鍼灸院
不妊治療のそあら鍼灸院 治療方針

 

・はじめて鍼灸を考えている方へ
(初診の予約方法・初診について)
[動画有]
 

・問診票(PDF版)
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・問診票(HTML)
・はりきゅうを取り入れようか迷っている
 
・治療方針
・不妊鍼灸のペースと推奨日[動画有]  
・不妊鍼灸治療の流れ、進め方
・判定日以降の鍼灸について   
①妊娠のしやすさと不妊鍼灸
②ヤジロベエ理論
③生命力強化と不妊治療
 
 
①良質の卵子を得る
[自然妊娠、IVF問わず一番重要]
②移植のために子宮環境や内膜を整える
[着床の鍼灸]
③移植直前の不妊鍼灸
[フカフカベッドの理論]
 
・院内の様子[動画有]
・鍼の種類、お灸種類
・料金&アクセス[動画有]
・Q&A(よくあるお問い合わせ)
 
・不妊症について
・男性不妊について
・用語集
 
・不育症について
 
 
・針灸の歴史と経絡治療
・針の作用
・妊娠に対するはりきゅうの効果
(新聞・雑誌より)
・不妊症に対するはり灸の効果・適応
・基礎体温と生理周期[動画有]
 
 
・妊娠中の方への治療手順
 
・初診日に既に着床している時の針について
(妊娠初期の針について)
・ご妊娠された方へ(妊娠初期の鍼の効果)
・つわり つわりの灸[動画有]
 
・安産のお灸[動画有]
 
・逆子治療の手順
・逆子について(逆子の灸)[動画有]
 
・治療の理論
・陰陽論と不妊鍼灸
・西洋医学と東洋医学は二つで一つ
・なぜ陰陽五行を考えた治療が必要か?
・はりの治療効果を高める受け方のコツ
・はりの後も治ろうとする力は働いている
・食後すぐの鍼灸(家の灸)はお勧めしません 
・へそ灸の説明(箱の作り方も有)[動画有]
・自宅灸が熱い場合の、緩和方法 
・三焦の原気を高める不妊鍼灸
・後天と先天の作用を意識した不妊鍼灸
 
 
 
 
・腸腰筋の鍛え方[動画有]
・ご出産報告・患者さまの声用紙
・アンケート用紙
PDFが開けない場合、右クリックで対象をファイルに保存していただくと開くことができます。
・不妊カウンセラーとは
・患者様の通われている主な病院
・リンク
 
・「不妊・妊娠・出産の鍼灸治療」(学会での講義抄録)
・セミナー情報『授かるごはん』講座 
・『授かるごはん』受講してきました!
 
 
・スタッフ募集
 
自然妊娠を考えるサイト 
人工授精のサイト 
妊娠脈作りの専門家による
不妊鍼灸ブログ
 
そあらスタッフブログ 
 
 
 
 
 
 
 
そあら鍼灸院HOME矢印STEP3移植直前の治療
移植直前の治療 
 移植の治療は、最後の念押しとして着床日に合わせた鍼灸治療をおすすめして

おります。

更にそあら鍼灸院では、胚盤胞移植の方には、

可能であれば移植直前の鍼灸治療をお勧めしております。

少しでもお迎えの前の段階で良い状態で移植して頂ければとの思いからです。

(もちろんそれまでの①②の治療の方が大事です。移植日だけ治療をしても魔

法ではないため体ができていなければ、最大の治療効果は発揮されません。経

験的に、身体ができている方が流産率も下がります。

 

妊娠後のことも考えると、前もって身体づくりをして準備しておくことが重要  

です。)
 
 
 
 

-------------------------------------------------------------------------

フカフカベッドの理論

 

よく内膜はベッドに例えられ、「フカフカのベッドが理想」と言われます。

 

移植の時は内膜の厚さを測ります。同時にフカフカの状態を検査することができればいいのですが、一般的にそのような方法はありません。

 

今まで診させて頂いたお腹を考えると、ふっくらして弾力があるお腹が妊娠しやすいです。検査法はなくとも、腹診でこのようなお腹になっていれば、フカフカのベッドだといえます。

 

 

―良いベッド(妊娠しやすいお身体)になるために―

   まずはベッドフレームづくりです(参照ステップ1)。生命力が高い状態はフレームも良い状態です。
良い卵子を得る準備は、移植の準備にもつながります。

※移植日に黄体から出る黄体ホルモン(P4、プロゲステロン)を測る病院があります。一定以上出ていないと、移植中止になります。

黄体ホルモンは黄体から出ますが、低温期育つ卵胞が排卵した後、黄体へ変化します。

移植日に十分P4が出ているためには、低温期に良い卵胞が育つ必要があります。

そのためにフレームづくりから治療をすると、着床に対しても効果的です。

   次にベッドのマットレスをフカフカにする(参照ステップ2)。

せんべい布団や、湿気を含んだ布団ではうまくいく確率が下がります。天日干しされた気持ちいい布団がベストです。せんべい布団と干された布団では触り心地が全く違います。干された布団は触り心地も気持ちいいものです。

これはお腹も同じです。脈も同じです。

このようなお腹や脈になっていれば、天日干しされた気持ちのいいフカフカしたマットレスというわけです。

   最後にピシッとシーツを掛けます(参照ステップ3)。

移植直前の鍼灸は最後の確認です。

先に人が寝転がってしまっては、最後のシーツが掛けられません。

  あくまで直前をお勧めしているのは、寝転がってしまう前に、シーツを掛けてしっかりと最後の確認をしたいからです。

 -------------------------------------------------------------------------
 
 
 
 

今までは移植が終わってから(夕方)治療を行っておりました。

場所柄、移植を行う直前に鍼をする機会に恵まれ、移植直前(移植の数時間前

)に鍼灸治療を行う機会も相当数増えておりました。


そこで今までのカルテを引っ張り出して、

移植直前と移植直後との着床率の結果を比較してみたところ、

直前で行ったほうが10%程高く(2012年時点)、結果が良いため、

ご都合がつく方は直前での治療をお勧めしております。 

 

このステージの治療では、

患者様の体質や現在の状況をみて「着床の鍼」をします。  

 

 ①②のステージはクリアした方へ、最後のステップとしていつが移植の鍼灸

をするのに一番最適な時期なのだろうか・・・

その上でお勧めしているのが移植直前の鍼灸治療です。
 
 
 
 
 
 まとめ

   一番重要なのは、卵質、受精卵の質(参照ステップ1

卵の質が、妊娠に結びつく一番大きな要素です。

不妊鍼灸での目的は、質のいい卵を得るために、質のいい卵が排卵される身体づくりをすること。

良い卵胞が育つことは、良い黄体ができプロゲステロンが十分出ることでもある。

ベッドフレーム(土台)に当たります。

 

   その次に子宮の状態(参照「フカフカのベッド理論」、ステップ2

ベッドのマットレスに当たります。

 

   最後に移植直前の鍼灸治療をお勧めしております(参照ステップ3

移植直前の治療は、ベッド人がやってくる前に、きっちりシーツを整えるイメージです。

ベッドのマットレス、及びシーツに当たります。

 
 

陽性が出ましたら流産防止の治療を継続して行います。

妊娠初期の治療は以下の症状に対しての治療を行います。

  ストレスを緩和して血液の循環を良くし、流産のリスクを減らす

  出血に対しての治療

  不育症に対しての治療

  つわりや妊娠初期の諸症状に対しての治療

  東洋医学的に流産しやすい状態に対しての身体づくり

 

12週頃に仮の卒業は設定してはいますが、私たちの目標は元気に赤ちゃんが生まれてくることです。

その後は「出産前までの継続治療」として安胎の治療を行います。

卒業後は、妊娠中のケアのために3週~4週に一度くらいのペースで通われる患者様も多くおられます。

また週数に応じて安産灸なども取り入れております。

そしてお母さんと赤ちゃんの健やかな妊娠生活を送っていただきご出産に臨んでいただければと思います。

 
 
 
 
 
   
脉診流 そあら鍼灸院 不妊鍼灸 不育鍼灸
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F
◆JR「新宿駅」より 徒歩7分
◆東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より 徒歩4分
◆都営大江戸線「新宿西口駅」より 徒歩6分

大きな地図で見る
 
 東京新宿鍼灸不妊不育症の鍼灸院。移植直前のはり。
 
 
△このページの先頭へ  
Copyright © 2011 Soara Acupuncture Clinic,All Rights Reserved.